1月のお茶っこ会

 ほとりあでは、地域のみなさんとのであいから、たくさんのことを学びたいと思っています。
 でも、それは堅苦しいものでなく、笑ったり、動いたり、お茶しながらたのしく!できたらいいなと!
 そして、どこかに記憶していたことを思い出し、次の世代につなげてみたいと思い・・・・
 という訳で「お茶っこ会」という時間を設けました!
昨年にひきつづき1月〜3月の第三水曜日10時から「お茶っこ会」を開催します。

 1月のテーマは「冬のむかしあそび」
15日は幸いおだやかな天気になり、10名の方が集まってくださいました。
(決して多くはないのですが、みなさんの笑顔が見え、声がよく聞こえます)
 今回は中でのあそびを中心に。おはじきや、しょうぎ、トランプなどお持ちいただいた道具で、みんなであそびました。

【お孫さんといっしょに遊んだ思い出のつまったお手玉】




【身を乗り出してます!】



おはじきは、指ではじいたり、陣取りしたり、スプーンですくったり(プラスプーンはむずかしく、金属の方がやりやすい!)

将棋は、「さす」のではなく、「まわしたり」「おとしたり」してあそぶんですね(^O^)

たくさんおしえていただいたなかで、今回の!!!!!は、「かぞえうた♪」です。
昨年も話題になったのですが、最後までたどりつけず(^_^;)気になっていました。
今年は「おてだま」すると、自然と自分の口からでてくることに、参加のみなさん自身も驚いていました。
そして、みなさんが歌っていた地域によって、少し違いがあることもわかりました。
文字にして、次回のお茶っこ会でお出ししたいと思います(^^)/

お茶っこ会から、たくさんのふしぎと笑顔がみつかる予感です♪

【こんな感じでストーブ囲んで♪】

次回のお茶っこ会は、2月19日(水)10時〜11時30分 です。参加ご希望の方はお問合せください。 (とも)

 

もち米植え・高館山少年教室

5月11日(土)、高館山少年教室(主催:大山自治会)の開校式!
第1回目のイベントして、都沢湿地にある『泥んこ広場』の土(泥)を使って、もち米を
植える体験会を実施し、ほとりあも協力させていただきました。 

まずは、ほとりあの玄関先で開校式です!
今年は、1年生〜6年生までの61名のお友達が登録したそうです。

    
          【開校式、橋本大山自治会長挨拶】 

さっそく、泥んこ広場に移動して、今日の説明です!

  


まずは、泥んこ広場の生きものを探して、もち米を栽培するための泥んこを
バケツの中に集めます!

 いざ、泥んこの世界へ!
   
          【さっそく、泥んこ広場に入る子どもたち】

泥んこ広場や用水路で、ドジョウやヤゴ、ミズムシ、クモ、アメンボなどを見つけて
バケツの中に泥を2/3程いれたら、次はもち米の苗を植えます。
子どもたちは、自分のバケツに苗を食べてしまう虫を食べてくれるクモや土を作ってくれる糸ミミズやドジョウなど、見つけた生きものを1匹を選んでいれました♪

 もち米の苗を植え作業
もち米の準備と育苗はお二人の地元の方、
当日の植え方は前地域振興課の武田さんと息子さん*に協力していただきました。
*藤島で農家をされています!
  
 【やさしく丁寧に子どもたちにもち米の植え方を教える武田さん(左)と息子さん】


植えたバケツがこれ!
   
  【バケツの4株 少しきついかな…】    【できたもち米バケツはほとりあに!】

 バケツもち米の育て方
  ,水は苗を超えないように!
  泥にも苗にもご飯をあげよう(追肥)
  D蟯的に観察しよう!


    
                【最後にバケツのもち米の育て方を武田さんに教わりました!】

雨の予報でしたが、ほとんど雨にも降られず、楽しく活動できました!

バケツのもち米は持って帰ってもよかったのですが、ほとんどの子どもがほとりあにおいていくことになりました!もち米バケツの管理もしなければと気合をいれていたら


 翌日の日曜日
   たくさんの子どもたちが自分のバケツのもち米を観察しに来てくれました!
   もち米の苗の長さをはかり、泥の中に入れた生きものを観察していきました。
   
   
           【家族みんなで観察しに来てくれました!】

ほとりあでも初の試みのもち米栽培、いろいろと調整に苦慮しましたが、多くの方々に
ご協力いただき、結果子どもたちの笑顔をほとりあでたくさん見る回数が増えそうです!

きっと、湿地や水の役割についても興味を持ってくれることでしょう(*^_^*)


次のほとりあの担当回は秋で、もち米の収穫体験会をします♪



                                   (つめ。)

お茶っこ会

 2月14日(木)に『お茶っこ会』を開催しました!

  
     【初めてほとりあを訪れる方もいて、10名でお茶っこ会スタート】

『お茶っこ会』とは、お茶を飲みながら地域の自然や文化について自由に語る場です!
大山自治会さんの協力をいただき町内回覧していただき、日ごろ、ほとりあに足を運ばれない地域の方にもこの機会にほとりあに来ていただくことができました!

今回のテーマは 
むかし、いまの自然・自然遊び・遊び道具
 
  お手玉を夜なべして作ってきてくださった方や大山金駒を持ってきてくださった方
  あやとりやおはじきなどは実際に地域の方に指導を受けながら、みんな遊んでみま
  した。やり始めると、みんな夢中になってしまいます(*^_^*)


  
      【スプーンでとるおはじき遊び(はじめてみました!)】

 いろいろな発見もありました。
 ・お手玉の中に入れるものが、小豆だったり大豆だったり、エゴノキの実だっ
  たり地域で違うらしいこと!  
 ・おはじきをスプーンでとる遊び  
 ・下池には昭和20年ごろ?浮島があった
 ・下池には1mを超えるウナギがいて食べた
 ・ザリガニやヒシの実、スイバ、桑の実を食べた
 ・庄内には西郷南洲翁や加藤清正公の唄がある   


テーマからそれてもお茶っこ会♪
 自然をテーマに地域の方や来館者の方と語る機会が今後も増えたら嬉しいです!

 次回のお茶っこ会は

 3月14日(木)10:00〜11:30
            テーマ『大山の文化歴史、古道、堤、高館山三山』


                        ぜひ、ご参加ください(*^_^*)

                                   (つめ。)

薪ストーブって、いいですね♪

ほとりあの1階に、どーんと座っている(?)薪ストーブ。
おいでいただいたみなさんにとても人気があるんです。
見つけるなり「わあーーー」といって駆け寄り、
丸太のいすにちょこん。ちょこっと離れたソファにゆったり。
本を読んだり、お茶を飲んだり、それぞれの楽しみ方をされています。
炎のいろとあたたかさが、こころを落ち着かせてくれるんですね。。。
わたしもときどき、その時間を味わっています(お昼休みに!!!)


そこで、このストーブを納入してくれた
ファイヤーライフ庄内さんのご協力で、2月10日の午前に
「知って得する!薪ストーブの活用法」というイベントを企画しました。
いま、注目度UPの薪ストーブですが、
すでにおうちで長く使っている方、最近備え付けた方、これから買おう!という方、
予想を超えるみなさんが集まりました。
*吹雪のなか、ありがとうございました(^^)/

講師の栗本さんお話に聞き入る皆さん白壁をスクリーンにしているので、
みなさん、入口をむいています!
      ↓  (こんな感じで!)       

栗本さんのお話に、うなずいたり、またはほお〜というお顔です。
使うときの約束ごとや、メンテナンスについて、ご説明いただきました。
(ほとりあも、要復習です(^_^;))

お子さん連れの方もおいででしたが、おとなが聞いているあいだ
子どもたちは、積み木に夢中。木の感触を楽しんでいました。


最後に、子どもたちにも「焼きマシュマロ」のプレゼント!
おとうさんが、焼いてくれましたよ。おうちでも、ためしてみてね!
 ← わくわくどきどきのこどもたち!
                      おとなだってわくわく!!!
               順番!順番!→ 

今回は、ストーブの活用について勉強しました。次の機会には、ストーブに必要な「薪」の調達のことも学習したいものです。
山から切った木材が、ストーブの横に置かれて、灰になるまでの、ふしぎな(?)旅も見つめたいと思います。            (とも)






湿地保全イベント活動交流会

夕方からは会場をほとりあ館内、薪ストーブ場に移して、交流会を開催しました!

   
    【まきストーブ前で交流会開始!
          ほとりあはどこでもかしこでも利用しがいのある施設です(笑)】


今回は下池、都沢湿地でよく取れるナマズと鯉を使った料理を交流会のメイン料理に添えました!さて、お味はいかがか?


   
              【鯉の甘煮】

   
         そして、【鯰の味噌汁】


食べられた方口々ににおいしかったとの感想(*^_^*)
う〜む、これは先人の知恵だけではなく、先人の舌にも感謝です!
自然と人が付き合っていくのは、適度な攪乱が必要です。
むかしの人々がしていた、鯉やフナ、ナマズを〆てタンパク源として
食べていた文化も自然の中を適度に攪乱した大切なことです。

やはり自然と食は面白い♪

さぁ、次はどんな自然の恵みを食べようかな?


あっ、違った違った、日々保全活動頑張ります!


                              (つめ。)


[HOME]

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>

やまがたの天気

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode