野鳥のヒナを拾わないで!!

毎年、春から初夏にかけては野鳥の子育てシーズンです。
この時期には、地面に落ちているヒナを見かけることがあります。
ほとりあにも問い合わせをいただいたり、持ち込まれたりするケースが
ありますが、ほとりあでは以下の理由から野鳥のヒナはその場で見守って
もらうようにお願いしています。

    
 

もちろん、落ちている野鳥のヒナを見て、皆さんが心配になる気持ち、
どうにかしてあげたいというやさしい気持ちはよくわかります。

しかし、 羽が生えそろうこの時期は、ヒナにとって巣立ちの練習の時期です。
はじめはうまく飛ぶことができず地面に落ちることもあるので、1人ぼっちに
なっているヒナを皆さんがみかけることも多いです。
しかし、近くには親鳥がいてヒナのことを見守っています。


また、野生動物に人間が近寄ることは大きなストレスです。
人が保護しようというやさしい気持ちは、残念ながらヒナにとって
大きなストレスになり、親鳥にとっては「誘拐」になってしまいます。
地面に落ちているヒナを見つけても、静かにその場を立ち去りましょう。

また、野生動物は寿命がつきる前に、他の動物に食べられたり、ケガをして
命を落とすこともあります。命を落とした野鳥は他の動物の餌になることで、
命がつながっていきます。野生動物は、犬や猫などのペットとは異なり、
野生の中で生きていくことがストレスを感じることが少ない生き方だと
言われています。できる限り手を触れずに見守ってください。

また、野生の動物は人にも感染する病気を持っている可能性もあります。
傷ついた野鳥を動かす場合は、直接手で触れるのではなく、手袋などを使い、
そっと近くの植え込み等に放していただきますようお願いします。


オオヒシクイの放鳥

先日、大山地内で救護された国指定天然記念物であるオオヒシクイが回復したと連絡があり、本日下池に放鳥されました。

地元の小学生も集まり、担当職員から救護した経緯を聞いたりずっとお世話してくれた救護所の方から食べていた餌なども教えてもらい、放鳥を行いました。


   

    【担当の方から救護経緯を聞く】    【救護所の方からも話を聞く】

  
  【救護所の方は質問にもやさしく答えてくれました!ありがとうございます!】

元気に仲間のもとに戻ってくれたらいいなぁ!



 

 
                                    つめ。

 

1

[HOME]

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

やまがたの天気

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode