2016年度 人為的攪乱による湿地再生事業の実施

都沢の湿地再生事業では、自然遷移と外来生物の増殖の課題である

陸地化を解決するため、当初ヨシやマコモの草刈りを行っていました。

しかし、刈取りだけではとても遷移を止めることができず、数年前から

重機(ショベルカー)による人為的な攪乱(かき混ぜる)によって、

ヨシなどの大型湿性草本や表土を剥ぎ取り、湿地土壌内で休眠している

埋土種子を活用し、小型湿生草本群落再生をすること目指しています。

 

 

今年度も、都沢湿地の北側区域上部に攪乱区域を設定し、12月と3月の

2回に分けて攪乱作業をおこないます。

 

攪乱事業実施中は、一部通行できない部分があるなど湿地散策される方

にはご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いいたします。

 

 


関連する記事

    [HOME]

    calendar

    S M T W T F S
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    282930    
    << April 2019 >>

    やまがたの天気

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode