2020年度 里地里山先進地視察研修

【都沢湿地の保全管理活動の現状と課題、そして未来】をテーマに

2020年里地里山先進地視察研修会を実施しました。

 

午前の部は、ほとりあ学習交流館で座学をした後、あいにくの天気でしたが

グループに分かれて都沢湿地の動植物を見て回りました。

 

 

       座学と都沢湿地を散策

 

午後の部は、「湿地の生息環境づくりを学ぶ」を視点にハッチョウトンボの

生息地として知られる遊佐町白井新田を視察しました。

はじめに、しらい自然館にて、ハッチョウトンボ保護の会の活動の取り組みや、

会の運営方法などについて紹介いただきました。

 

      【しらい自然館での学習会の風景】

 

遊佐町指定天然記念物である白井新田のハッチョウトンボ生息地を

見学しました。

 

 ハッチョウトンボ保護の会会長の畠中裕之さんによる解説

 

 

 

ハッチョウトンボは体長2cmほどの1円玉くらいの

日本一小さなトンボで、世界で最も小さいもののひとつとされます。

その小さな姿を湿地の中に、目を凝らして見つけた時、

そしてそれが実際に飛ぶ姿も見せてもらえた時は本当に感動でした。

 

自分たち「ほとりあ」も、自然と共に息づいている都沢湿地と

いっしょに成長していけたらと思いました。

 

今後とも、皆さんと一緒に、多くの人が自然とふれあう機会を

ほとりあでは創出していきたいと思います。

 

 

 



[HOME]

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

やまがたの天気

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode