もち米植え・高館山少年教室

5月11日(土)、高館山少年教室(主催:大山自治会)の開校式!
第1回目のイベントして、都沢湿地にある『泥んこ広場』の土(泥)を使って、もち米を
植える体験会を実施し、ほとりあも協力させていただきました。 

まずは、ほとりあの玄関先で開校式です!
今年は、1年生〜6年生までの61名のお友達が登録したそうです。

    
          【開校式、橋本大山自治会長挨拶】 

さっそく、泥んこ広場に移動して、今日の説明です!

  


まずは、泥んこ広場の生きものを探して、もち米を栽培するための泥んこを
バケツの中に集めます!

 いざ、泥んこの世界へ!
   
          【さっそく、泥んこ広場に入る子どもたち】

泥んこ広場や用水路で、ドジョウやヤゴ、ミズムシ、クモ、アメンボなどを見つけて
バケツの中に泥を2/3程いれたら、次はもち米の苗を植えます。
子どもたちは、自分のバケツに苗を食べてしまう虫を食べてくれるクモや土を作ってくれる糸ミミズやドジョウなど、見つけた生きものを1匹を選んでいれました♪

 もち米の苗を植え作業
もち米の準備と育苗はお二人の地元の方、
当日の植え方は前地域振興課の武田さんと息子さん*に協力していただきました。
*藤島で農家をされています!
  
 【やさしく丁寧に子どもたちにもち米の植え方を教える武田さん(左)と息子さん】


植えたバケツがこれ!
   
  【バケツの4株 少しきついかな…】    【できたもち米バケツはほとりあに!】

 バケツもち米の育て方
  ,水は苗を超えないように!
  泥にも苗にもご飯をあげよう(追肥)
  D蟯的に観察しよう!


    
                【最後にバケツのもち米の育て方を武田さんに教わりました!】

雨の予報でしたが、ほとんど雨にも降られず、楽しく活動できました!

バケツのもち米は持って帰ってもよかったのですが、ほとんどの子どもがほとりあにおいていくことになりました!もち米バケツの管理もしなければと気合をいれていたら


 翌日の日曜日
   たくさんの子どもたちが自分のバケツのもち米を観察しに来てくれました!
   もち米の苗の長さをはかり、泥の中に入れた生きものを観察していきました。
   
   
           【家族みんなで観察しに来てくれました!】

ほとりあでも初の試みのもち米栽培、いろいろと調整に苦慮しましたが、多くの方々に
ご協力いただき、結果子どもたちの笑顔をほとりあでたくさん見る回数が増えそうです!

きっと、湿地や水の役割についても興味を持ってくれることでしょう(*^_^*)


次のほとりあの担当回は秋で、もち米の収穫体験会をします♪



                                   (つめ。)


[HOME]

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

やまがたの天気

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode