2017年度「いきもの供養祭」

ほとりあでは、開館以前から都沢湿地の保全管理事業として、多くの外来動植物の駆除を行っています。また、いきものに触れたり学習したりする中で、多くのいきものの「いのち」を扱う施設でもあります。

多くのいきものの「いのち」について考える時間として、開館以来毎年「いきもの供養祭」を行っています。

3月17日、2017年度の「いきもの供養祭」を開催しました。

 


今年度は、   ウシガエル成体 799個体、 ウシガエル幼生 266個体
     アメリカザリガニ 10,383個
の駆除を行いました.

 

参列した関係者、サポーター、参加者一同、駆除以外でもヒトの影響を受けたすべてのいきものに対して供養をし、「いのち」について考える機会となりました。
ほとりあでは、これからも多くの「いのち」への感謝の気持ちを忘れずに、保全管理活動を進めていきたいと思います。
ありがとうございました!

 

 


2017年度 第2回サポーター定例会&交流会

3月17日に、2017年度の第2回サポーター定例会を開催しました。

 

 

 

2017年度の事業報告やサポーター活動状況およびサポーター券の発券状況などについて報告しました。
その後の意見交換では、どろんこ広場の活用法や、来年度の里山マルシェのテーマなど積極的な意見が飛び交いました。サポーターから出た「鯉の釣り大会をしたらどうだろう」という意見から話は広がり、昔の上池、下池の土砂吐きの事や川魚の利用法など、話題は尽きませんでした。
 
定例会後の交流会では、年間で活動回数が多かった7名の方への感謝表彰を行いました。
1番多い方で、4月〜2月までの11か月の間に40回以上もサポーター活動をしていただきました。ほとりあは、サポーターのみなさんに支えられて運営できていることを改めて感謝する会となりました。
いつも本当にありがとうございますm(__)m
 
交流会では、恒例の一品持ち寄りで、たくさんのごちそうに囲まれて、和気あいあい楽しい会となりました。
ご参加いただいたサポーターのみなさん、ありがとうございました。
来年度もどうぞよろしくお願いします!

2017年度 里地里山研修「大鳥自然の家と注連寺」

毎年実施している「里山保全先進地視察研修会」、

2月27日、サポーター、運営委員、ほとりあ職員と一緒に

今年度は、鶴岡市の朝日地域にある大鳥自然の家と注連寺をたずねました。

 

大鳥自然の家は、キャンプ・野外炊飯・トレッキング・そば打ち体験、山野草探訪、カヌー体験など、大鳥の大自然を利用したプログラムがたくさんあります。川で遊んだり、山を登ったりしながら、自然の中で存分に学べる場、楽しめる場を提供しています。

 

はじめに、大鳥自然の家 所長の砂山さんから大鳥自然の家の紹介や、大鳥の自然についてお話をうかがいました。

その後、参加者を2グループに分け、鶏の解体体験とそば打ち体験をしました。

【鶏の解体体験】

 

【そば打ち体験】

 

大鳥自然の家のスタッフさんに教えてもらいながら、貴重な体験をさせていただきました!

 

次に、大鳥地域でマタギをされている方から、狩猟の方法や使う道具についてお話をうかがいました。

 

 

昔と今では、狩猟で使う道具や方法などにも違いがあり、時代の変化を感じるとても興味深いお話でした。

また、お昼には、解体した鶏を使ったお汁と、みんなで打ったお蕎麦をいただきました。打ちたてのお蕎麦は、とてもおいしかったです。

 

 

お昼のあとは、大鳥自然の家のスタッフの方々と意見交換会を行いました。
自然や地域を活用したイベントや、今後の運営に取り入れたいことなど、様々な意見が飛び交う有意義な会となりました。

 

 

次に訪れたのは、注連寺です。加茂坂の新道工事を行った鉄門上人と縁があるお寺です。

 

 

注連寺の住職さんからは、鉄門上人の布教活動や、注連寺の歴史、飾られている絵に関する事など、パンフレットなどでは知ることが出来ないことを学べました。

 

視察研修を受け入れてくださいました

「大鳥自然の家のみなさま」

「注連寺のみなさま」

そして、ご参加いただきましたサポーターのみなさま。

ほんとうにありがとうございました(^o^)

(研修レポート、よろしくお願いいたします!)

 


2017年度 避難訓練&AED講習会

2月28日、2017年度の避難訓練およびAED講習会を開催しました。

サポーターにも参加していただき、今回は2階学習交流室での火災を想定した避難訓練となりました。

全員無事に避難し終えて、鶴岡市消防署西分署の方に、講評をいただだきました。

万が一火災が発生した場合の注意点、木造の小さな施設ならではの避難方法なども教えていただきました。

 

 

避難訓練のあとは、消火器による消火訓練を実施しました。

 

 

 

その後、学習交流室にて救急蘇生法、胸骨圧迫やAEDの作動法とについて学びました。

今回は初めてAEDを使うスタッフ、サポーターもいて、毎年行っているスタッフも改めて使用法を確認する時間となりました。

 

 

 

有事に備えて、このような訓練を今後も継続して行っていく大切さを感じました。

今回ご指導いただきました鶴岡市消防署西分署のみなさま、参加いただきましたサポーター、関係者のみなさまありがとうございました。

 


2018年もよろしくお願いいたします。

今年もよろしくお願い致します。

 

今年の干支は「戌」!

 

ほとりあがある大山地域には昔から続く「犬祭り」があります。

また、施設近くには山形県唯一のラムサール条約登録湿地である山上池・下池が

あり、今年で登録10周年を迎えます!

 

ほとりあでは、今年より年賀状を辞め、関係者の皆さま、サポーターの皆さまに

NEWSレターを発行し、お送りすることにしました。

 

後日、HPにもPDF版をUPしますが、JPEG版を下記します。

 

ご笑覧ください。

 

 

 



[HOME]

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

やまがたの天気

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode