『ふくだびっき』展示開始しました♪

ほとりあで現在、『ふくだびっき』展を開始はじめました!

 

『ふくだびっき』とは庄内弁で「ガマガエル(正式名:アズマヒキガエル)」のことを指します!県外出身の私にとっては「まぐまぐでゅ〜」と同じくらいの衝撃です(*^_^*)

さて、アズマヒキガエルはこんなカエルです!




アズマヒキガエル
 学名:Bufo japonicus formosus
 分布:
北海道を除く東日本に広く分布
 形態:体長43-162mm,体重6-450g.
    体サイズは地域個体群によって著しく異なる.
    ニホンヒキガエルに比べて鼓膜が大きい
 繁殖生態
    止水に多数の雄が集まり,「クックックッ…」と聞こえる声で鳴く.繁殖は池,湿    原,湖などの浅い止水.
          ゼリー層に包まれた紐状の卵塊(卵紐)を産出する.
          産仔数:蔵卵数は1,500-14,000個.大型の雌は多くの卵 を産む.
 繁殖期:早春に繁殖.
 食性:肉食性.地表に生息する昆虫,ミミズ,クモなど.

来館の子どもたちにも大人気のようです♪

 


今後は、期間を決めた『ふくだびっきのもぐもぐタイム』も開催しようと思います!

写真はコオロギに狙いを定める、展示中のふくだびっき♀・ふくださん(仮名)です!
まるで、「だるまさんが転んだ」で見つめている鬼のよう!

  
                             【Photo:TUME】
ぜひ、みなさん見に来てください(*^_^*)


                                   つめ。

  

雷展示!

本格的な冬に突入した庄内地域は、これからの季節、雪と並んでも多い!
冬に寒冷前線によって発生する雷は冬季雷(とうきらい)と言って、世界的にも珍しく日本海沿岸とノルウェー西海岸しかないと言われています。

何を隠そう(何も隠してはいませんが。。。)ほとりあも9月4日に
               雷被害にあいました(汗)


その教訓と来年1月12日(土)に開催されます雷サミットの宣伝も兼ねて
ほとりあ館内に雷パネルを展示しました!

雷の基礎知識から雷の漢字の由来、雷がなると何故へそを隠すのかなど雷の雑学などもパネルで紹介しています。また、音羽電機工業株式会社さんよりお借りして貴重な雷写真やこれまでの雷サミットで販売された雷グッズも展示していますので、ぜひ見に来てください。
雷展示は2月いっぱいまでの展示を予定しています。

*雷サミットの開催の詳細は、下記のサイトをご参照ください!
http://www.city.tsuruoka.lg.jp/simg/pp05984-1.pdf

                              (つめ。)


             【2.5階の展望室に展示、雷パネル】


      
           【音羽電機工業さんからお借りした雷写真】




                      【雷サミットチラシ】



[HOME]

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

やまがたの天気

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode