大山新酒・酒蔵まつり

本日、大山新酒・酒蔵まつりでした(*^_^*)
ほとりあも微力ながらご協力!

    
            【ほとりあも酒蔵まつり仕様です!】

          
          【ありがたいことに巡回バスの停留所に!】



‖偲停馘垢気鵑隆甜鬚里佞襪泙あ
     
      【大山唯一の糀店さん】      【ほとりあカウンターで飲む甘酒】


2階の学習交流館では環境省の羽黒自然保護官事務所さんが
          『野鳥のストラップづくり』体験が行いました!

   
    【ストラップづくり 曄         撻好肇薀奪廚鼎り◆


 ○個性豊かな野鳥ストラップ
    
     【ウソ】       【カワセミ】       【タヒバリ】

   
         【作った野鳥ストラップを片手にご満悦の図♪】

大盛況だった大山新酒酒蔵まつり!
環境省羽黒自然保護官事務所さんのご協力もあったほとりあもたくさんの人に来ていただきました。

我々職員も酒蔵まつりを通して、たくさんの大山地域の方々とお知り合いになることが
出来ました。地域の祭りに関われることは、同じ地域にある施設として大変嬉しいこと
これからも微力ながら頑張っていきたいと思います!

関係者の皆さま、本当にお疲れ様でした!



                                (つめ。)


節分、立春に思ふ!

昨日2月3日は節分の日、そして本日2月4日は立春です。

季節を分ける=節分
本来は、立春、立夏、立秋、立冬の前日をすべて指していたようですが
立春が1年のはじめと考えられることから、節分といえば次第に春の節分を指すものになったようです!

そして、春の初めを知らせる「立春」

ほとりあ周辺でも2月初めだというのに積もった雪が少しずつ解けてきて
春を感じさせてくれます!
お昼に、関東でふきのとう(ばんけ)が顔を出したとニュースで流れていました。

本格的な春を前に、この時期の自然もめいっぱい楽しみたいものです。

ぜひ、渡り鳥や薪ストーブがあるいまの時期のほとりあにもお越しください。



                                (つめ。)


【追伸】
先日の里山Cafeの講師をお引き受けいただいた加藤嘉八郎酒造さんでは、立春朝搾りという日本酒を2月4日の立春の日に販売しています。
夜中0時から搾りはじめた日本酒は、みなさんの手元に届く前に、荘内神社でお祓いしてもらっているそうです。山形県は2蔵。庄内地方では加藤嘉八郎酒造さんだけとのこと!
季節や自然を感じさせてくれる酒づくり。私たちに自然に係る仕事をさせていただく者にとっても大変勉強になります。

      
          【しまり雪の上で加藤嘉八郎酒造の立春朝搾り】

                                  

2月2日は湿地の日

昨日も今日も明日も明後日も、いつの日もきっと誰かの記念日。

今日、2月2日なんと湿地の記念日です!
何故かというと、1971年2月2日
     イランのラムサールラムサール条約が締結されたからです。
その日を記念して、
 毎年2月2日を「世界湿地の日 World Wetlands Day 」
               
とするよう、1996年に定められました。

鶴岡市自然学習交流館ほとりあの周辺環境には、
   ラムサール登録湿地である大山上池・下池(平成20年10月登録)
   
        【大山上池では古くからハスの活用がされている】

   鶴岡市の都市公園である都沢湿地
   
       【地元の小学校と都沢湿地での生きもの探しの学習】

                               の2つがあります。


2つの異なる環境の湿地では、トンボや植物、そして渡り鳥など多くの生きものが生息しています。また、私たちに人間も湿地の恵みをたくさんもらっています。

今日も誰かの記念日。
それは人だけではなく、モノや生きものの記念日だったりもします。
今日はそっと湿地や水のことについて、みなさんも考えてみませんか?


                                   (つめ。)

 

 


湿地のことは以下のサイトをご参照ください!
日本国際湿地保全連合
http://japan.wetlands.org/WIJapanHOME/tabid/1815/language/ja-JP/Default.aspx
 

里山保全先進地視察研修に行ってきました!

 新潟市にある「佐潟」は1996年ラムサール条約湿地に登録されています。
 1月22日(火)ほとりあんはじめ、ほとりあ関係者19名(ほとりあ職員は、休館日でないと全員参加できないため、火曜日に設定しています。)で新潟県西区にある「佐潟水鳥・湿地センター」に研修に伺いました。保全活動の取り組みや、地域とのつながりなど、聞きたいことはたくさんです!!

〈正面入り口:あいにく雨になってしまいました〉
 鶴岡とちがって、積雪はなし。ほとりあとちがって、平野の中に平屋のかわいいたてものがあり、バスの中から「えっ?ここ?」と思わずつぶやいてしまいましたが、なんと中に入ってびっくり!!!!です! 大きなガラスの向こうには、すぐ目の前に水面が広がり、鳥たちがそばにいて、そして、頭のうえをコハクチョウたちが飛んでいくんです。備え付けのプロミナは固定式ではありますが、お気に入りの鳥をさがすにはちょうどいいです。
見つけました!ミコアイサ!!!!
〈天気よければさらに素晴らしい眺め!〉
 観察スペースのすぐ下に「バン」が寄ってきたんです。「佐潟によく来てくれました!」みたいな感じで、まもなく水面に戻っていきました。
〈お顔が見えない写真で残念!〉
 展示コーナーの頭上には、紙クラフトのコハクチョウとトキが飛んでいます。ほとりあの中にもあるといいなあと思いました。

 地元新潟市内で作ったお弁当をいただいたあと、佐潟地区でさまざまな活動をされている方々、行政担当の新潟市役所さんとの意見交換会の時間を設けました。
 行政としての取り組み、運営体制の説明、地元住民のみなさんがそれぞれの団体の活動内容について説明してくださいました。そして、お互いが理解しあい、地域全体で協力しながら活動していることのお話がありました。ご近所同士でつながっているのです。
     
佐潟村(地元のおかあさんたちの会の名称で、週末はセンター前広場で農産物なども販売しているそうです)」は、ハスやヒシの実、中原邸の竹炭(でも、完成しなかった炭だそうですが)を使い、お花やストラップ、花瓶なども作っています。
ハスフラワーが見たい!」とお願いしたところ、急なことにもかかわらず、道具を取りにいってくださり、実演が始まりました。思いがけず私たちにも体験させてくださり、みんなわくわくおおさわぎ!!はさみを手に、先生(写真は、佐潟村の丹羽さん)に教えていただきました。

〈ほらね、こんな感じで、簡単にできるのよ!〉

上池にもあるハスタンポポ、こんな素敵なお花に変身!!!ひまわりやカーネーション、コスモスなど、作り手の気持ちがそのまま形になり、表現されます。
 この花瓶は、実は竹炭製作の過程で、「炭」にならなかったものだそうです(失敗作ですね)。けれども、表面に模様を彫り、素敵な器に生まれ変わりました。
 どちらも地元で活動している団体が、横のつながりをもって、2倍にも3倍にも広がっていると感じました。
 そのほか、ハスの実や、ヒシの実をストラップにしたものも見せてくださり、さまざまな工夫をされていることがわかりました。
         〈とってもすてきな飾りです〉
 予定時間はあっという間に過ぎ、最後に館長が詠んだ詩を披露し、記念写真で終了。
「百聞は一見にしかず」まったく、そのとおりです!!!

そして、ほとりあにかかわるみなさまとのたのしい時間を過ごせたことに感謝しております。研修で学んだこと、感じたこと、見たこと、今後に生かしていきたいと思います。              
    
 また研修にいきましよう。 参加者のみなさま、レポート、お待ちしてます。(とも)





賀春!

旧年中は大変お世話になりました。
2013年もよろしくお願い致します。

多くの市民の方々に春夏秋冬年4回は最低訪問していただけるそんなほとりあに
なっていけたらと思います!

         



       


追伸
事務所も模様替えを致しました!
ぜひ、のぞきに来てください(*^_^*)
館長が笑顔でお出迎え致します!

                      
                             ほとりあスタッフ一同





[HOME]

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>

やまがたの天気

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode