ハスとスイレンの違い展

日本唯一の浮草組合のMさん夫妻のご厚意でほとりあでスイレンとハスの葉を飾ることが
できるようになりました!大山地域の皆さまのご協力にはいつも感謝です!

ちなみに、みなさんハスとスイレンの違いわかりますか?
下に2つの葉の写真を載せます。
どっちが、どっちだぁ?

正解は左がスイレン、右がハスです。
よく見るとスイレンには葉に切れ込みがあります。
また、ハスの葉が防水性なのに対して、スイレンの葉は防水性ではありません。

スイレンの葉 ハスの葉
       【スイレン】                【ハス】

2つの違いを表にまとめました!  
               【ハスとスイレンの違い】
   

見た目が似ているけど、結構違いがあることがわかりました。

さて、ハスとスイレンの違いを考えていると、芥川龍之介氏の「蜘蛛の糸」を思い出してしまいました。絵本に出てくるのはハス池ですが、絵本の挿絵にはスイレンの特徴を持つ葉とハスの花が一緒に出てくるものもあります。はたして、芥川さんが思い描いたハス池が実際にハスだったのか?スイレンだったのか?は今となっては定かではありませんが、昔から混同されていたのだけは事実だったようです。
自然を絵本の中で見てみるのもなかなか面白いですね!

そうこう考えてきたら、今度はカエルのイラストに出てくる葉っぱも気になってきました(笑)

その話はまた次回に♪


                                    つめ。

ハスの葉ひらく♪

 4月21日にハスの種子発芽実験を始めて、本日(日目)でやっと
ハスの葉が開きました!

ハスの種子は、傷をつけないと発芽しません。

発芽に関する文献を見ると、傷をつけた種子の発芽の可能性は3割!
10個に3個しか発芽しないそうです!

ほとりあでは、10個中5個から芽が出てきました。
これは、小さいかわいい葉がつくのが楽しみだなぁと思っていましたが
葉が開く前にそのほとんどが枯れてしまいました。

けど、本日やっと一枚の葉が開きました♪
どうやら、葉が開くための条件は水位と光条件のようです!
ほとりあでは夏休みにハスの発芽実験をするキッズを大募集♪
興味のある方は、ほとりあまでご連絡ください。

                        
                            
                                  (つめ。)


              やっと開いたハスの葉っぱ♪

  
 
  (左)実験開始3日目        (右)実験開始9日目


(左)50日目 まいた状態の葉に!     (右)51日目 やっと開葉!
*ハスの葉の表面は防水加工されています!実際に水滴がはじくと感動!


[HOME]

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

やまがたの天気

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode