地域の方の協力に感謝

ほとりあは、4月23日の開館以来、本当に多くの方々にご協力いただいております。
本当にありがとうございます。

開館以来、「都沢公園の東屋内に椅子やテーブルがないのは不便だ!」というお声をたくさん頂戴しました。市役所を中心になんとかできないか模索していたところ、地域にお住いの太田大工工事さんの太田社長さんが素敵なテーブルと椅子を作ってくださいました。

本当にありがとうございます。

いつも、地域のみなさん、来館者のみなさんに支えられているほとりあは、みなさんのご協力に少しでも恩返しできるように多様な自然環境の維持や自然と親しめる空間づくりを目指していきます。 

  
            【寄贈いただいた椅子とテーブル】   

  
           【さっそく使用してくれた大山ガールズ♪】



                                    (つめ。)


ほとりあクラブ

今年度から大山小学校のクラブの時間にほとりあクラブを作っていただきました。
ほとりあクラブでは、主にほとりあ周辺の生きものを調べる活動をしています!

7月13日(金)は、1学期の調べた生きもの発表会ということで、私も発表を聞きにお邪魔しました。みんな、それぞれに工夫を凝らした発表とわかりやすいまとめ方には本当にびっくりしました!
ほとりあクラブのみなさん、本当にありがとうございました!
 
   
 【ワークシートにまとめます!】        【アメリカザリガニついての発表】

  
   【ドジョウについての発表】       【ヤゴとトンボについての発表!】



            【大山小学校ほとりあクラブのみなさん♪】



                                   (つめ。)


夏休み自由研究展「冬虫夏草」


6月の犬まつり展示は昨日で終わり、今日からはほとりあ館内は夏休み自由研究展の
移行期間になります。随時展示を更新していきますので、ご来館ください!

夏休み自由研究展のスタートを飾ったのは、『冬虫夏草』です。
鶴岡在住で、ほとりあサポーターでもある武田桂三さんは全国的に有名な冬虫夏草の研究者です。今回は武田さんの全面協力をいただき、高館山で確認された冬虫夏草の展示を行いました。「冬虫夏草って、何?」と思われた方や「漢方薬しかないんじゃない?」と思われ方は展示をご覧いただければと思います。

鶴岡地域では初の冬虫夏草の展示になると思います!


           【展示風景】


   【武田さんからは自由研究に使える本もお借りしました。】

展示は、液浸標本(あるコールにつけた標本)、原図の複製図が番号でわかるようになっています。下の図は15番:オオセミタケの液浸標本と原図の複製図です。

   
   【オオセミタケの液浸標本】          【オオセミタケの複製図】


ぜひ、みなさま冬虫夏草の世界にお越しください。

武田さん、ご協力本当にありがとうございました♪



                                 (つめ。)

ほとりあ×七夕

7月7日は何の日でしょうか?
そう七夕(たなばた)です!

 七夕は、織姫と彦星が一年に一度、天の川を挟んで会うことができるというロマンチックな伝説で古く中国から伝わりました。また、織姫の星は裁縫を司る星と考えられていたので、この日は、裁縫や習字の上達を願う祭りの日でもあります。日本では奈良時代より宮中の年中行事として行わていました。
 ところで、7月7日の夕に行われるので、『七夕』と書きますが、本来の読み方は「しちせき」だそうです。では、なぜ『七夕』と書いて『たなばた』と読むのか不思議になってきました。実は、日本には古く『棚機(たなばた)』という民間信仰がありました。旧暦7月は農耕にとって水が必要な時期。水辺に神棚をたて、乙女が機織をして神聖な織物を水の神に捧げたといわれています。この日本古来の『たなばた』の「水」と「織物」が、中国から伝来した『七夕』の「天の川」と「織姫」に重なり、『七夕』と書いて『たなばた』と読むようになったのです。水に関わりのあるほとりあとしても、何かしなければということで

ほとりあ×七夕

ほとりあでも笹竹を飾り、来館者に願い事を短冊に書いてもらっています。

  
 【いつも遊びに来てくれるO小の四年生の女子が短冊に願い事を書き、笹竹に取り付け】

           
    【いつも来てくれる男のは外来種問題の成功を祈っているようです!】

ほとりあスタッフ一同、多くの人の願いが叶いますように、祈っています。

 
                                   (つめ。)



大山小学校4年生総合学習


本日の午前中は、大山小学校4年生が総合学習でほとりあに来てくださいました!
総合学習22時間の1学期のまとめ作業。各班に分かれて、自分たちで設定した課題を
地域の専門家の方に聞いたり、野外観察で追及活動を行いました!


  【植松館長から生徒のみなさんにご挨拶】


    【ハス班は浮草組合の三ツ倉さんに話を聞いたよ!】  【野鳥班は写真家の太田さんに話を聞いたよ!】

  
【外来種班はほとりあスタッフの賢吾さんから話を聞いたよ!】  【泥んこ広場で生きもの探し!】


【生きもの探しをしていると泥んこの中につかり始める女子(ー_ー)!!】

大山の子は本当に自然が好きなんですね!全身を使って、自然を体感しています。
そして、大人では見つけることや感じることができないことをします。
それは、生物多様性と同じように人にも多様性があり、それを認め合うことの大切を
教えてくれているようです♪

そんなこんなで泥んこ広場の結果が↓
  

泥んこまみれ、体全身でヨシノボリやドジョウの気持ちになったのかな(汗)?
けれど、場所によって水の温度が違うなど科学的な視点もちゃんともって活動しましたよ。
関係者の皆様、本当にお疲れ様でした!
生徒さんたちのまとめの発表が今から楽しみです♪

あまりにもいい写真なので、この写真ほとりあの風除室にて展示することにしました!


                                    (つめ。)


[HOME]

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

やまがたの天気

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode